RoomClip住文化研究所

ABOUT
RoomClip住文化研究所とは

RoomClip住文化研究所は、
住まいと暮らしの今と未来について
研究・分析するプロジェクトです。
RoomClip住文化研究所は、RoomClipに投稿された膨大な写真やコメント・タグなどの実例データと、検索や閲覧などの行動データ、ユーザーアンケート・インタビューなどを基に、住まい・暮らし領域への興味関心が高い生活者についてのトレンドや消費性向などについて研究・発表するプロジェクトです。
少子高齢化やテクノロジーの進展、気候変動による災害の激甚化など、様々な社会的変動は人々の暮らしを変え、それに伴って住まいも形を変えていきます。
RoomClipのデータとコミュニティを最大限活用し、住まいや暮らしの変化を定量・定性の両側面から調査することで、住まいと暮らしの「今と未来」がわかるレポートを発信していきます。
RoomClip住文化研究所とは?

MESSAGE
所長メッセージ

RoomClipは、今からちょうど10年前、2011年の東日本大震災をきっかけとして創業社長の高重が立ち上げたサービスです。ビジネスとして急成長を目指すスタートアップでありながら、その根底には「人々が日常生活の中で発揮する創造性がつまった住まいと暮らしを記録していく」という、ある種の社会運動の側面があります。そしてそれは100年前に今和次郎が立ち上げた「考現学」や、あるいは30年前に都築響一氏が出版した「TOKYO STYLE」と通じるものだと考えています。
「RoomClip 住文化研究所」では、そんなRoomClipの創業からの理念を、様々なテーマのレポートという形で伝えていきます。現代日本の日常生活の記録であり、なおかつ企業のマーケティングやジャーナリズムにも参考になる情報を発信します。
所長 川本太郎
所長川本太郎
  • 2007年日本経済新聞社入社
  • 2013年Tunnel株式会社(現・ルームクリップ株式会社)にコミュニティマネジャーとして参画
  • 2015年ビジネス担当役員に就任
  • 1983年神奈川県川崎市生まれ。東京大学文学部社会学専修課程卒業。プライベートでは男女二児の父で、「子供と暮らす」「植物のある暮らし」が家づくりのテーマ。